FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
◆奈良のこだわり美容室ACTブログ◆「縮毛矯正の失敗によりビビリ毛が増加中!?」
2014-05-24 Sat 13:36
お客様の髪とお時間を大切にする「完全予約制」の美容室
奈良市富雄のこだわり美容院■ACT■(アクト)


ACT hair creation(アクトヘアークリエイション) 世界唯一特殊カット技術の美容室(奈良市富雄駅前店) | Facebookページも宣伝

「いいね!」お願いします~♪^^
*フェイスブック限定特典を配信予定*


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村
↑応援のワンクリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
↑応援のワンクリックお願いします!

  お客様の喜びの為にこだわる美容室
独自開発特殊美容技術で「地域No1」の志


おかげさまで「富雄×美容室・ヘアサロン部門」
☆ランキング第一位☆



お得なキャンペーンやメニュー情報は
当店ホームページをご覧下さい!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



合成 ロゴ

■メインホームページ(こちらをクリック!)■






皆様こんにちは!

ACTの小川です!!

お陰様で充実した毎日を

過ごさせて頂いております☆

気づけば半年以上ブログを更新

できていない事態に…汗

そこで今日は最近お問い合わせや

初めて御来店頂いた御客様の中

でとくに増えている「縮毛矯正の

失敗=ビビリ毛」について書いて

みたいと思います!!


そもそも、なぜ「ビビリ毛」になって

しまうのか…?、という事ですが

1回の縮毛矯正が原因で髪が

ビビるわけではありません。

原因は「ダメージの蓄積」です。

ビビッてしまった髪の状態は

過去のヘアカラーやパーマ、

縮毛矯正、ヘアケア等の方法

によりダメージが重複して

キューティクルだけでなく

毛髪内部の栄養が抜けて

スカスカ状態になっています。

そこに、強力な薬剤や高温の

熱を利用する縮毛矯正を行う

事で、髪がそれらに耐えられ

なくなり結果、髪がビビって

しまうのです。

こんな状態ですね…

CYMERA_20140206_113219_R -1

こちらの御客様のケースは

左後ろあたりの根元から

5~6cm先の中間あたりが

激しくビビってしまっています。

サロン名は言えませんが、

近鉄奈良駅近くの美容室で

このようになってしまった様

なのです。

カウンセリングで過去に

受けたさまざまな施術を

詳しくお聞きしていくうちに、

某サロンで受けた2年間の

粗悪な施術がかなり

浮き彫りになりました。

始めにもお伝えした様に

1回の縮毛矯正でビビる事は

よっぽどの酷い施術をしない

限り滅多に起こりえません。

それまでに行ってきたサロン

でのケミカル(化学的)ダメージ

とその他、アイロンやブローの

熱操作およびカットによる

物理的ダメージが蓄積した

結果が原因ですので、

ビビらせてしまったサロン

自体の体制そのものも

問われる結果となる

わけですね。

今回のケースでは、最終的な

ビビリ要因は熱処理にあります。

アイロンの施術中に何度も

「熱っ!!」となったそうです。

つまり、高温の熱に髪が耐え

れなくなり焦げてしまったわけ

ですね。

これを「たんぱく変性毛」と言い

ますが、修正するのはかなり

苦労します。

たんぱく変性の度合いによって

修正「可能か不可能」かに

分けれます。

よく問い合わせで…

「他店でビビッてしまった

のですが、直りますか?」と

お電話を頂く事があるのですが、

しっかりとしたカウンセリングと

直接毛髪の状態を診断

しなければ、何ともお応えできない

のが現状です。

そう言えば!最近でも「大阪の

縮毛矯正専門店で失敗した!」

というお問い合わせがあり、

サロン名からホームページを

拝見したところ、「ビビリ直しが

簡単!」「傷まない縮毛矯正」

などと書いてあったのが

印象的でした。

こちらのケースはサロン側が

完全に薬剤を過信し過ぎた

ものによる失敗ですね。

話は戻りますが、今回の

ビビリレベルであれば、正しい

プロセスを組めば修正可能な

範囲だと判断しましたので、

施術を行いました。

結果はこのような感じです。

CYMERA_20140206_170229_R -1

画像にもあるように、ほぼ

修正できているのですが、

一部、かなりのたんぱく変性

を起こしていた一部が、

まだ未完了な状態です。

その数週間後、2回目の

新たな施術プロセスを

行うとこんな感じです!

CYMERA_20140219_124851_R -1

どうでしょう!一見して

分からないぐらいまで

収りましたね。

このように、ビビリ直しは

1回で直るケースもあれば

2回以上に分けてビビリ

部分とその他毛髪の

コンディションを整えなければ

ならない事もあります。

もちろん、修正可能領域を

超えてしまっている場合は

修正不可となります。

その際は髪質改善の集中

トリートメントをはじめ、毛髪

に強度としなやかさを与え

少しずつ髪を改善していく

必要があります。

また、ビビリ直しはあくまで

毛髪を擬似的に直している

にすぎませんので、その後の

ヘアケア方法によっては

状態が少し戻ってしまう場合も

ありますので、今後の施術

とヘアケア方法が特に注意が

必要になります。

縮毛矯正は、日頃からの

正しいサロンケアとホーム

ケアで髪のコンディションを

キープしながら、適切な縮毛

矯正施術を行えば髪がビビる事は

決してありません。

ダメージやビビッてしまった髪を

修復する事にかかる費用より、

ダメージを少しでもなくしていく

施術やケアを選択する方が

金銭的にも安く済みます。

これからも、私の持てる全ての

技術とノウハウを駆使して、

髪のお悩みと真剣に向き合って

いきたいと思います!!

最後までお読み頂き誠に

有難うございました☆







スポンサーサイト
別窓 | 縮毛矯正の失敗「ビビリ直し」 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 奈良市富雄こだわりの縮毛矯正・カット美容室ACTブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。